こちらのサイトでは、玄関の鍵の交換にまつわる情報を取り扱っています。
例えば、どのくらいの費用がかかるのか、賃貸住まいの場合に大家に無断で行っても問題はないのか、といった情報が扱われています。
そのため、こちらを閲覧することで、疑問点を解消しつつ自分で作業するなり業者を利用するなりできるようになります。
閲覧は無料でできるため、疑問点を持っている方がいればそこで解消しておくと、トラブルなく終わらせることができるでしょう。

玄関の鍵の交換方法の注意点

玄関の鍵の交換方法の注意点 玄関の鍵が壊れてしまって交換する場合、自分で行う方法と業者に頼む方法があります。
自分で鍵の交換をすれば、安く済ませられるメリットがあります。
ただし、寸法を間違ってしまった場合、ドアが閉まらなくなってしまいます。
また、それで新しく買いなおすとなると、時間もお金も余計にかかってしまうことになります。
したがって、しっかりと寸法を測って自分の家の玄関に装着することができるかは、注意深く確認するようにしましょう。
業者を利用した場合はサービス料金が別途かかってしまいますが、こういった失敗をすることはありません。
そのため、玄関のかぎの交換に不安がある方は、自分でやるよりも業者に依頼したほうが確実に終わらせることができます。

玄関が引き戸になっている場合の鍵を交換する方法

玄関が引き戸になっている場合の鍵を交換する方法 日本の家屋の玄関でよく見られるのが引き戸です。
海外ではあまり見られない様式で鍵の交換の方法も独特になります。
まず、使っていく道具はプラスドライバーとマイナスドライバーです。
ほとんどの場合はプラスドライバーだけで行う作業が多くなります。
現在取り付けが行われている引き戸錠を取り外す場合、それぞれに合わせて工具を変えることもあるのが特徴です。
また、取り付け穴が小さいこともあり、その取り付け穴を広げていくためにヤスリなどを使用することもあります。
工具の用意ができたら、部屋の内側から引違扉を開け扉を交差させた状態で、内側の既存のものを取り外す作業を行ってきます。
上のビスを外してから下のビスを外すことで、より簡単に作業が進みます。
この時点で、内側は外れています。
内部の化粧座を取り付ける際には、必ず化粧座の赤丸と言われる内部のケースの赤じるしに挿入するようにセットしていきます。
万能引戸錠は特別に取り付ける際は鍵が開いている状態で進めます。
そのため、化粧座を取り付ける際にははっきりと「開」の文字が見えるようにしながらツマミを上に抑えてはめ込んでいきます。
最終的に施解錠ができるかどうかを確認するために動かして見ます。
外側は鍵で内側はツマミでスムーズに施錠、開錠の確認が取れたら終了です。

鍵の交換関連情報

ドアの鍵を交換するなら